スタッフブログ Dr,Ezの産婦人科情報

不妊治療について

妊娠をご希望される方へ

当院では妊娠を希望してもなかなか妊娠しない方がより早期に妊娠できますよう精査及び治療を行っております。

検査について

  • 1. 血中ホルモン検査

    ホルモンの基礎値や卵の成長・排卵付近のホルモン変化、黄体機能を確認するために行う検査です。

  • 2. 経腟超音波検査

    子宮、卵巣の基礎疾患の有無の確認、卵胞の成長及び内膜の変化などを確認します。

  • 3. 基礎体温測定

    毎日ご自宅にて基礎体温を測定していただき、排卵日の予測、排卵の有無、黄体機能の確認を行う資料となります。

  • 4. クラミジア、淋菌の検査

    上記の感染症は卵管の機能低下の一因となったり、腹腔内の癒着によって妊娠率を下げる事がありますので疾患の有無を確認し、陽性の場合には治療を行います。

  • 5. 子宮鏡検査

    子宮は受精卵のベッドとなる場所です。
    その部位にポリープなどの異常がないか細いカメラを用いて検査します。

  • 6. 子宮卵管造影検査

    卵管の通過性、子宮奇形の有無、腹腔内の癒着の有無を確認する為に行う検査です。

  • 7. 抗ミュラー管ホルモン採血

    卵巣にどのくらい卵が残っているかを推測するための指標となる検査です。(自費検査 6,000円)

  • 8. LH−RHテスト

    排卵障害や月経異常がある場合に視床下部及び下垂体に異常があるかどうかを調べる検査です。

その他、全身疾患の検査(血糖値、肝機能、甲状腺異常の有無)や子宮がん検診も随時行っていきます。

男性の検査として精液検査も行っております。

不妊治療について

不妊治療には様々な段階があります。
当院では基礎体温測定結果、超音波検査、採血などから総合的に排卵日を推測し性交渉のタイミングをお伝えするタイミング指導、排卵のタイミングにあわせて精子を人工的に子宮内に注入する配偶者間人工授精、卵を発育させ採卵を行い、体外で受精した受精卵を子宮内に移植する治療である体外受精・胚移植、高度乏精子症、精子無力症、高度受精障害などの場合には顕微授精を行っております。
患者様の年齢や不妊の原因検索結果にあわせてより早期に妊娠できますように相談しながら治療を行っておりますのでお気軽に来院してください。

※高度生殖医療に関しましては、胆振・日高地方に在住の患者様を限定とさせていただいております。

不妊治療の助成について

体外受精・顕微授精に要する費用の一部を助成する制度がございます。

詳しくは以下の北海道特定不妊治療費助成事業をご参照ください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/ninshin/funin.html

対象となる方

  • 1. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、きわめて少ないと医師に診断され実際に治療をうけている方

  • 2. 以下の①~④すべてに該当する方(同一治療に関して他の都府県や政令指定都市、中核市から同様の給付を受けた方や受ける見込みの方は対象外です)

    ①夫婦のいずれか一方が道内に住所を有する事(札幌、旭川市、函館市をのぞく)

    ②法律上の婚姻をしていること

    ③知事が指定した医療機関で治療した事

    ④夫婦の前年の所得合計額が730万未満である事

助成の内容

  • 採卵を伴う治療は1回につき15万円を上限に助成
  • 以前治療した凍結胚を用いるなど採卵を伴わない治療、状態が良い卵が得られず治療を中止した場合には1回につき7.5万円を上限に助成
  • 保険適応されている治療は対象外です
  • 平成28年1月20日以降に終了した治療が対象
    上記の助成上限額のうち、初回治療に限り30万円を助成
  • 平成28年4月1日以降
    妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となる

助成回数について

  • 平成26年3月31日までに申請を行っている方
    申請1年度目まで年3回、2年度目以降は年2回を限度に通算5年間で10回まで助成を得られます。
  • 平成26年4月1日以降に申請を行う方
    年間助成の回数制限、通算助成期間制限もなくなります。
    治療開始時点で妻の年齢が40歳未満 通算6回まで助成が受けられます。
  • 平成28年4月1日以降に申請を行う方
    治療開始時点で妻の年齢が43歳未満 通算3回まで助成を受けられます。

助成の手続き

申請は治療が終了した年度内に、居住地を所轄する総合振興局・振興局保健福祉部保健行政室・道立保健所に、1回の治療終了毎に治療終了後60日以内に申請してください。

くわしくはお近くの道立保健所までお問い合わせください。

高度生殖医療の料金に関して

当院は北海道特定不妊治療費助成事業の対象病院です。

高度生殖医療に関する当院の料金に関しましては以下をご参照ください。

※費用は全て税抜き価格です。

※変更・改訂する場合がありますので、ご利用の際は窓口で確認をお願い致します。

内     容 料金(税抜)
採卵→培養 \70,000
胚移植(第1回目) \50,000
凍結胚移植(2回目以降) \75,000
顕微授精 \20,000
胚盤胞培養 \10,000
アシステッドハッチング(AHA) \10,000
精子凍結処理 \10,000
受精卵凍結処理 \30,000
精子凍結保管料(1年あたり) \10,000
受精卵凍結保管料(1年あたり) \20,000

また体外受精治療中は採卵前後の治療にかかわる費用自費診療となります。

内     容 料金(税抜)
超音波検査 \1,500
一般ホルモン検査(1項目あたり) \960
感染症を含む初期採血(貧血、血液型、HBV、HCV、梅毒、HIVを含めて) \9,000

採卵に伴い卵子をとれなかった場合には材料代として40,000円(税抜)のみとなります。

【 採卵を行い、新鮮胚移植を行った場合 】

内     容 料金(税抜)
採卵→培養 \70,000
顕微授精 \20,000
胚盤胞培養 \10,000
胚移植(新鮮胚移植) \50,000
合  計 \150,000

【 採卵を行い、凍結胚移植を行った周期 】

内     容 料金(税抜)
採卵→培養 \70,000
顕微授精 \20,000
胚盤胞培養 \10,000
胚移植(初回胚移植) \50,000
受精卵凍結処理 \30,000
合  計 \180,000

【 2回目以降凍結胚を戻した場合 】

内     容 料金(税抜)
凍結胚移植 \75,000

【 その他の不妊治療 】

内     容 料金(税抜)
人工授精(AIH) \5,000

PAGE TOP